将来、東大や京大も自然に視野に入ってくる!京大卒カリスマ家庭教師監修 本格的に勉強を始める前にあなたのお子さんを勉強ができる子にしてしまう方法

 

詳細はこちら>>クリック

 

うちの子はやればできる子なんですけど・・・

よく聞くフレーズだよね。

でも、残念ながら「やればできる子」のほとんどは、勉強はやらないです。

さらに塾に行かせさえすれば誰でも成績が上がるというものでもないですよね。

そこで

塾に通うことなく少学校の勉強だけで難関校を目指すための土台作りが全てわかる

将来、東大や京大も自然に視野に入ってくる!京大卒カリスマ家庭教師監修 本格的に勉強を始める前にあなたのお子さんを勉強ができる子にしてしまう方法は、

中学生や高校生になってから難関校を目指す為の土台を作るために、

小学生のうちにやっておくことや身につけてくことをまとめたもので

「え、こんなことで?」と言うようなことが多いけど、

今のうちに「ある事」を身につけてしまえば、

もっと勉強は楽で楽しいものとなり、本当に東大や京大も夢ではなくなります。

気になりましたら、詳細はこちらより詳細をご確認ください。

 

詳細はこちら>>クリック
 

 

詳細はこちら>>クリック

 

ご紹介が遅れましたが、家庭教師のF.M です。

某女子高から京都大学に進学、在学中に家庭教師をした生徒が

京大に合格したこともあって(宇宙物理学専攻)、5年ほど前に知人に頼まれ、

息子さんの勉強をみることになりました。

まだ園児でしたから、特に受験のために勉強を教えたというわけではありませんが、

彼が慶応の幼稚舎に合格したおかげで、知人の知人、生徒のクラスメートと、

おかげさまで現在まで途切れることなく生徒を持っています。

小学生のうちにやっておかなければいけないことは、

それほど大変なことではありません。

それは実際に私が、小学生の家庭教師を頼まれた時に親御さんにお願いすることで、

たいていは「え?」と不思議がられるようなことです。

その程度のことです。

しかし 直接勉強に関係ないように思われる、

それこそがお子さんの今後に必要なもので、小学生の時にそれさえやっておき、

「ある事」を正しく理解していれば、本当に東大や京大も夢ではなくなってくるのです。

もちろん東大や京大がすべてではありませんから、

行きたくなければ行かなければいいだけの話ですが、

「行かない」と「行けない」ではまったく意味が違います。

 

詳細はこちら>>クリック